中沢だけど長井

全体抜毛には病棟などのクリニックで提供している仕方と、抜毛エステで提供している仕方がありますが、具体的な水泡毛を処理する枠組みは同じで、水泡毛が追い抜けるインパクトに違いがあります。
具体的には、水泡毛の毛根に、病棟などのクリニックでは診断レーザーを、エステでは診断レーザーより力量を弱めた光を照射します。
診断レーザーはクリニックでしか扱えない結果、エステでは診断法に抵触断ち切る射程に光の力量を弱めています。
水泡毛の毛根に診断レーザーや光を照射すると、その熱意で毛根を構成しているたんぱく質が焼け焦げて、水泡毛単位毛孔から追い抜けるという体系になっています。
そのため水泡毛を処理する加療が完了すると皮膚が熱意を帯びて、火照ってしまったり、水気が奪われて乾燥してしまったりすることがあります。
診断レーザーを皮膚に照射した場合はその外観が顕著で、熱意で縮れた水泡毛が抜け落ちている場合があります。
エステで水泡毛を処理する加療は光の力量を弱めているため、おスキンのほてりや乾きを、ある程度防ぐことができます。
また、診断レーザーや光は皮膚の奥まで熱意が届かない結果、皮膚の裏に見て取れる次に生えてくる水泡毛を脱毛するには、次に生えてくる水泡毛の毛根が毛孔に納まるまで待つ必要があります。
こういう水泡毛が生え変わるまでの間隔のことを毛テンポと効く、水泡毛が生えて要る場所にもよりますが、おおよそ二ヶ月から三ヶ月ぐらいの間隔であるといわれています。